美肌と睡眠

美肌になりたい!とは、どんな女性でも思うことですよね。
美肌を手に入れるための方法を考えた時、エステに行って、高価な化粧品を買って・・・と思い浮かべる人も多いと思いますが、まずは、日常生活を見直すことから始めてみましょう。

誰しも経験あることかと思いますが、睡眠不足が続くとクマができたり、にきびや吹き出物ができて肌荒れしたりしてしまいますね。
美肌と睡眠は、大きく関係しています。

睡眠不足になると、お肌にとって大切なターンオーバーの乱れや、ホルモンバランスに乱れが起こります。

ターンオーバーとは、肌の定期的な生まれ変わりのことです。
私達の肌は、通常28日程度で角化して表皮が生まれ変わっていきます。
睡眠が十分にとれていなかったり、睡眠時間が毎日違っていたりすると、ターンオーバーの周期に乱れが生じて、ニキビや吹き出物などの肌荒れが起こってしまうのです。

睡眠不足から起こるホルモンバランスの乱れは、肌荒れなどの美容の面だけではなく、健康面にも影響が起こってしまいます。
私達の健康を守っている成長ホルモンの分泌は、睡眠している時に行われているのです。また、睡眠不足で、体がしっかりリラックスできないと、体に流れているリンパ液の流れも悪くなって疲れがたまりやすくなり、肩こりや腰痛の原因にもなります。

最近では、大人だけでなく子供の睡眠時間も短くなってきていると言われていますね。
睡眠不足で成長ホルモンの分泌が乱れると、育ちざかりの子供の場合は健やかな成長が損なわれてしまいます。
子供の成長、病気のない体作りの為にも、睡眠はとても大切です。

長く寝れば良い、というわけではありませんが、毎日の起床と就寝の時間をほぼ同じにして、睡眠時間は1日7時間程度はとれると良いですね。
美肌を保つためには、規則正しい生活が一番なのです。


質の良い睡眠方法

美肌のためには、睡眠が大切、といわれていますが、ただ眠っていれば良い、というわけではありません。睡眠の質が大切なのですが、質の良い睡眠方法とは、どのようなものなのでしょう。

寝ている間に分泌される、お肌の再生機能を促す成長ホルモンは、体内時計の影響を受けて分泌されます。
眠りにつく時間が日によって違うと、体内時計のリズムが狂ってしまい、成長ホルモンがうまく分泌されなくなってしまうのです。

成長ホルモンが分泌され、お肌が回復しやすい時間は夜の10時〜2時の間だと言われています。
夜更かしも楽しいですが、お肌のことを考えて、この時間帯には眠っているようにしましょう。
平日にきちんと眠れなかったからといって、週末の寝だめは禁物です。
体内リズムを崩してしまうことになるので、注意しましょうね。

寝つけが良いからとお酒を飲んでから眠る人も多いかと思いますが、飲みすぎは禁物です。確かに適量のアルコールはリラックス効果がありますが、アルコールには皮脂を分泌させる働きもあり、肌トラブルの原因になる場合があります。
また、アルコールで血行が良くなりすぎると、睡眠サイクルが乱れて熟睡できなくなってしまいます。アルコールは、適量にしておきましょう。

枕カバーを清潔にしておくことも大切です。
私達は、寝ている間にコップ1杯程度の汗をかいています。
寝る時に上を向いていても、寝ている間に何回も寝返りをうっているので、枕カバーにお顔を何回もこすりつけているということです。
枕カバーは清潔に、最低でも1週間に1回は洗濯するようにしましょう。

美肌になるための化粧水のつけ方

美肌を手にいれるためには、毎日のお肌のお手入れが大切ですね。
洗顔後、最初にお肌につけるものは化粧水です。
化粧水は、お肌をみずみずしくさせるためにも、とても重要です。
効果的な化粧水のつけ方の方法を考えてみましょう。

まず、洗顔後はすぐに化粧水をつけることを心がけましょう。
入浴後はリラックスしたい、小さな子供がいて自分の事はなかなかできない・・・という人も多いかと思いますが、やはり化粧水だけでも、すぐにつけておくことをお勧めします。
洗顔後、化粧水の肌への浸透率はどんどん少なくなっていきますので、できるだけ早めにつけるようにしましょう。特に冬場など、乾燥しやすい時期は気をつけてくださいね。

化粧水をつける量もポイントですよ。
もったいないから、などと量を少なくすると、お肌に十分に行き渡らずに、化粧水の効果が発揮できません。多いかな、と感じるくらい、たっぷりつけるようにしましょう。
目安としては、化粧水をつけた後、手がお肌に吸い付く程度です。べたべたしていると
つけすぎですので、程よい量にしておきましょうね。

化粧水の大きな役割は水分補給ですが、中には毛穴を引き締める効果をうたっている化粧水もありますね。
たいていの化粧水には、少なからず毛穴を引き締める「収れん作用」の成分が含まれています。
この作用を効果的にするには、化粧水をつける時に軽くパッティングすることが大切です。
パッティングをすると、お肌を冷やす「クーリング効果」があり、ほてりが抑えられて毛穴も閉まります。

ただ、パッティングのしすぎもお肌には良くないので、できるだけ優しく、お肌を押さえるような感じでパッティングするようにしましょう。

お顔のパッティングも終わったら、首や手、頭皮にもつけておきましょう。
細かな部分までへのお手入れが、若々しさを保つ秘訣ですよ。

スキンケアの順番

スキンケア化粧品には、化粧水や乳液など、色々なものがありますよね。
美肌になるためには、こうしたスキンケア化粧品を上手に使った日々のお手入れが大切です。
「全部お肌につけるものだから、どんな順番でも一緒かな」なんて思っていませんか?
スキンケアの順番を正しくしておかないと、美肌になるどころか、肌荒れの原因にもなってしまいます。正しいスキンケア方法をしっかりチェックしておきましょう。

初めに行うことは、洗顔ですね。
化粧をしている時は、クレンジングを使用して丁寧にしっかり落としましょうね。

汚れが落ちたら、化粧水をつけましょう。
洗顔の後、できるだけ早く化粧水をつけてくださいね。
化粧水は水分補給としての大切な役割を果たしているので、たっぷりおしみなくつけるようにしてください。

水分補給が終わったら、保湿効果のある美容液をつけます。
化粧水で補給した水分をお肌から逃がさないように、忘れずにつけましょう。

乾燥が気になる場合は、乳液をここでつけます。
ですが、乳液は絶対に必要というわけではありません。
若い人や、オイリー肌の人は、乳液の油分で逆にお肌のトラブルになる場合があるので気をつけてくださいね。
乾燥肌の人も、乳液は乾燥しやすい場所に、ポイントで使用する方が良いでしょう。

最後はクリームです。
乳液と同じように、油分の補給になります。
乾燥肌の人や、中高年以上の人は乾燥している部分を中心にしっかりとつけておきましょうね。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。